自然葬と死体遺棄罪の問題は

  • 自然葬の一つである水葬の日本の扱い

    • 自然葬は様々な形式が世界にあります。

      日本も散骨や現代の形式にマッチさせている土葬、樹木葬などが関心を集めています。
      しかし水葬に関しては、これを死体遺棄に当たるとして規定し、とある条件を満たさない限り法律に反することになっています。

      多くの自然葬が「本人の希望」によっておこなわれるに反し、水葬は環境が他の葬送方法を選択できないような環境下にある場合に、致し方なく行われるものと位置付けられています。



      自衛隊の水葬は少々違いますが、水葬が許される例外は、船員法によって定められています。



      船舶が航海中にあるとき、衛生上の理由で船の中に遺体を保存できないことがあります。



      そのような時に限って、その他定められて要件を満たし、遺体が浮かびあがらないような処置を施してから、儀礼を持って水葬を行うこととなっています。



      海に散骨をすることは死体遺棄に当たらないといった見解を国も示していおるため、自然葬の一つとして選択することが出来ますが、水葬に関しては一般人が望んだからと言って実現は難しいものです。


      どうしても水葬を望む場合には、それをポピュラーな葬送方法としている国で行うなどが考えられますが、現実問題としてはこれもまた難しいものです。


      自然葬の選択肢も年々増えていますので、今後どのような葬送方法が出現するかはわかりません。



      しかし法律によって禁じられているものに関しては、今後も実現することはないと考えてよいでしょう。



  • 関連リンク

    • 「自然葬」という言葉から、普通の人が頭の中にイメージするのは、里山の土に遺骨を埋めて、墓石の代わりに樹木を植える「樹木葬」か、もしくは海、川、湖などに細かく砕いた遺骨をまく「散骨」などの情景なのではないかと思います。しかし、最近では、そのような比較的オーソドックスなもの以外にも、様々な新しいスタイルの自然葬が出てきています。...

    • 死者の骨灰を海や山などに撒く葬法としての自然葬は近年日本でも増加の傾向にあります。インドのヒンズー教徒では死後の肉体は大自然に還るという思想のもとに、古くからガンジス川に骨灰を撒く葬法が行われているのは有名です。...