自然葬と死体遺棄罪の問題は

  • 世界に見られる鳥葬という自然葬とは

    • 自然葬が日本においても注目されています。散骨が主なものではありますが、樹木葬や宇宙葬なども見られ、選択肢も増えてきました。



      しかし土葬については制約も多く、不可能ではないものの望んだからと言って実現するのは大変難しくなっています。世界には鳥葬という自然葬の葬送方法が残っています。



      日本で行われたという記録はありません。



      ただし鳥葬の概念はあったようで、中国の天葬や英語圏にある空葬などを理解したうえで鳥葬という言葉を採用していたようです。



      この鳥葬は「魂が抜けた肉体は抜け殻である」「殺生を繰り返して命をつなげてきた人間が、最後に布施を行う」という宗教上の意味合いが強く打ち出された葬送方法ですが、鳥葬が受け継がれている地域には合理性といった理由もあります。

      たとえば鳥葬がポピュラーであるチベットには、火葬は土葬を選択するには環境負荷が大きすぎるといった理由があります。



      草木が生えない地域では、火葬をするための薪を調達することすら、大変なことなのです。森林財産がたくさんあるような地域では、鳥葬よりも火葬が行われています。


      鳥葬もだんだんと減ってきています。
      また中国の西蔵自治区が法律によって禁じる方向性を打ち出した時期もありましたが、伝統文化として保護する姿勢に方向転換を行いました。


      自然葬に対する思いは日本人の中でも大きくなっていますが、日本で鳥葬を望めば死体遺棄に関する法律に抵触する恐れがありますので、実現性は低いと考えられています。



  • 関連リンク

    • 自然葬は様々な形式が世界にあります。日本も散骨や現代の形式にマッチさせている土葬、樹木葬などが関心を集めています。...

    • 死者の骨灰を海や山などに撒く葬法としての自然葬は近年日本でも増加の傾向にあります。インドのヒンズー教徒では死後の肉体は大自然に還るという思想のもとに、古くからガンジス川に骨灰を撒く葬法が行われているのは有名です。...